ジスロマックとベテラン医師

エイズ感染率が増加するクラミジアにジスロマック治療

ジスロマックは、千ミリグラムを一度服用すると一週間ぐらいの期間まで薬の効果が続きます。
クラミジア感染症にかかってしまった場合は、血液中のジスロマックの有効成分の濃度を高くすることによって、クラミジア感染症の原因菌をまとめて殺菌することが大切になります。
しかし胃腸が弱い人の場合は、千ミリグラムを一度に服用すると、ジスロマックの副作用の症状として下痢になりやすくなることがあるため五百ミリグラムを一日に一度、三日間続けて服用するようにします。
体内のクラミジア感染症の原因菌が完全に殺菌されて完治するまでには、ジスロマックの服用をおよそ一ヵ月続ける必要があります。

クラミジア感染症とは、クラミジアトラコマチスというクラミジア感染症の原因菌に感染してしまうことによって発症してしまう性行為で感染する症状の中で一番たくさんかかっている疾患になります。
近頃、若い女性の間でクラミジア感染症にかかってしまう人が増加していて、性行為の経験がある高校生の一割以上がクラミジア感染症に感染しているというデータがあります。
クラミジア感染症は、性行為を行う片方だけがクラミジア感染症にかかっていたときでも性行為を行うと、そのパートナーにクラミジア感染症の原因菌に感染をさせてしまいます。

クラミジア感染症を治療しないで放っておいてしまうと、淋病やエイズなどといった別の性感染症に感染してしまう確率が最高で五倍に増加することになります。
別の性感染症に感染してしまわないためにも、クラミジア感染症の感染を予防するのはもちろんのこと、もしクラミジア感染症にかかってしまった場合は早めに発見し、早めにジスロマックを服用し治療をする必要があります。