ジスロマックとベテラン医師

感染性の病気をジスロマックで治す方法

病気にはさまざまな種類があるものですが、そのなかでも多いものとして、他人がもっていた病原性の微生物に感染して発症する、感染性の病気が挙げられます。このような感染症としては、たとえば上気道感染症といわれるかぜ、インフルエンザウイルスが原因となるインフルエンザといったものがあります。これらは感染している人がせきやくしゃみをしたときに、つばの飛沫が飛んできたものを吸い込んだことがきっかけとなることが多いものです。そのほかにも、たとえば性行為によって粘膜の接触があったときに、すでに感染している相手から病原性微生物をうつされてしまうといったこともあり、クラミジア感染症などはその典型的なもののひとつといえるでしょう。
こうした感染症を治すにあたっても、どのような病原性微生物が原因となっているのかをまず検査によって特定した上で、それに見合った方法がつかわれることになるため、ひとことでは言い表すことができませんが、たとえばジスロマックのような抗生物質を服用するという方法があります。抗生物質というのは、病気をもたらす細菌などの増殖を抑制するはたらきがある医薬品のことで、一定の期間にわたって服用し、血液中での濃度が十分な状態になるとその効果が発揮されます。
ただし、抗生物質にもさまざまな種類があるため、その種類によって、どのような病原性微生物が対象となるのかは違いがあります。たとえば、ジスロマックのような抗生物質であれば、基本的にはカビ、いわゆる真菌はメインではなく、細菌類に対する効果が期待されています。細菌類のほかにも、マイコプラズマやクラミジアのような特殊なタイプについても効果があることがわかっています。